ようこそ「きのこま」へ

美濃の森に暮らす木工作家 大村裕茂

時の流れから生まれる自然のかたち

人の記憶の深いところに働きかける、人肌なものづくり

なんか可愛い、チョットお洒落な暮らしのかたちと

ゆったりとした大人の遊びの空間と時間をお届けします。 

きのこま 大村裕茂 Hiroshige Omura

 

1958年 奈良県に生まれる

1973年 奈良高専化学工学科に入学、自然の不思議を学ぶ

1978年 外資系企業に入社、営業、本社コンプライアンス部門で35年間真面目に勤務する

1979年 グランブルーの世界に憧れて水中写真を始める

    「自然から見た人間シリーズ12 海と人間編」

    「ダイビングワールド1981no.74」に写真掲載される

2014年 岐阜県立森林文化アカデミークリエーター科に入学、ものづくりを学ぶ

2015年 岐阜県美術館アートまるケット「木のおもちゃ」ファーストトイ開発で赤ちゃん独楽(現:木のこま)を製作する

2017年 名古屋 GALLERY IDFにて初個展

2019年 名古屋 GALLERY IDFにて個展 5/11~

大村裕茂,きのこま,赤ちゃん,子供,お母さん,遊べる,癒し,和める,可愛いい,優しい,木のおもちゃ,出産祝い,友達,プレゼント,長良川流域,岐阜,美濃,片知,自然素材,エゴノキ,ヒノキ,手づくり,コマ,岐阜県美術館,長良川デパート

美濃の森と木工に憧れて、岐阜県美濃市、木地師の隠れ里、瓢ヶ岳の麓の古民家に工房を構え、2015年から木工作家として、きこり、木地師、鍛冶屋三昧の生活、木工旋盤で木のこま、木のうつわを製作しています。

癒しの空間 いやしの空間 木工体験 くつろぎの空間 豊かな暮らし 木のうつわ 木のおもちゃ
岐阜県美濃市片知渓谷 癒しの古民家ギャラリーきのこま
癒しの空間 いやしの空間 木工体験 くつろぎの空間 豊かな暮らし 木のうつわ 木のおもちゃ
岐阜県美濃市片知渓谷 癒しの古民家ギャラリーきのこま

「きのこま」の起源

林業の盛んな奈良県で、母方の祖父は吉野杉を使った『お櫃』や『酒樽』を製作していました。自然の中で幼い頃から木の香り包まれて育ち、祖父や職人さんの働く姿を見続けてきたことが、木工作家としての原点といえるかもしれません。木の香りや触感の心地よさ、木を使ったものづくりのおもしろさ、難しさ、奥深さを、長い年月をかけて自然に体得できたことはとても幸せだったと思います。

「きのこま」が大切に思うこと

古民家ギャラリーのご案内

木工作家が丁寧に木の器づくりをお手伝いします

古民家ギャラリーきのこまでは、自分が欲しいと思う木のうつわを3時間で作れます。

小さな猪口からご飯やお味噌汁用の椀、パンやサラダ用のプレートなど好きなものが作れますよ!

 




木工旋盤という機械で木を回転させて刃物で削りだします!

 

『自然な色や木目に出会えます』

 

『自分のイメージしたラインを削り出せます』

 

『削った木の香りをお楽しみいただけます』

 

貴方だけの木のうつわを作り上げてください。

 

木のうつわづくり、木工教室、木工体験、お椀づくり、初心者講座
講座風景

【日時】

 毎月第2第4木曜日、日曜日

 午前 9:30~12:30

 午後 13:30~16:30

 ※第2木曜日、日曜日以外でご希望の方はご相談ください。 

 

【場所】

 岐阜県美濃市片知2321  古民家ギャラリーきのこま

 

 【料金】

 ・1名様 8,000円(税込み)材料費込み、3時間でお椀、お皿、コップのいずれかを1つお作りいただけます

  木工作家によるマンツーマン指導です

  各回定員1名

  ※ご夫婦やご友人など、お二人でご参加ご希望の場合は、9:30~4:30の終日にて対応いたします。

  

 【持ち物】

 汚れてもよい服装とスニーカー

 

 【対象年齢】

 25才以上

 

【お申込み】

 Tel/Fax 0575 36 5477

 Mobile 080 4227 5380

   E-mail minokinokoma@gmail.com

 

 この講座は、木工初心者の方に木の器づくりの楽しさを味わっていただくことを目的としていますが

 人生100年時代、木工を生業としたい方、販売を目的にものづくりをしたい方もご相談ください

「きのこま」の風景

片知渓谷周辺案内

きのこま への道順

【自動車】

東海北陸自動車道・東海環状自動車道 美濃インターから約20分

 道の駅「美濃にわか茶屋」から約15分

 82号線 板取川自由の女神像から片知渓谷方面に約7分(5km)

ご注意:住所でナビ検索すると、下の集落に案内されます。googleマップ検索していただくか、下記の道案内の通りにお越しください。

【公共交通機関】

美濃市 のり愛くん(電話予約:0575-33-1231)でお越しの方は、「板山籠(こもり)神社前」で下車してください。


自由の女神像の先を片知渓谷方面に右折してください。工房まで5km

チロリン村の看板があります。工房まで1.5km

板山神社が右側に、もう少しです。工房まで700m

板山神社先の分かれ道を左側に進む。工房まで500m


瓢(ふくべ)ヶ岳ボルダリング入山受付があります。車は倉庫内か外に駐車してください。工房まで100m

ここからは徒歩です。20m先にある籠(こもり)神社交差点を右へ、少し坂道です。

ホース収納箱を左へ上がってください。工房まで10m

 

工房に到着です。

ようこそ、いらっしゃいませ。


お問い合わせ

工房にお越しの折には、外出中のことがありますので、電話もしくはメールにて確認の上お越しください。

Tel/Fax 0575 36 5477

Mobile 080 4227 5380

E-mail minokinokoma@gmail.com